目指せサブ4:夏を制する者は、冬を制する。

目指せサブ4:夏を制する者は、冬を制する。

まるで受験生に捧げる様な言葉ですが、「夏を制する者は、冬を制する。」これは、真面目にランニングに取り組んでる人にも言える事です。もし貴方がサブ4を目指しているなら、夏にどこまで走り込んだかが、そのまま冬に結果として出て来ます。

目指せサブ4:走り込みが出来なかった夏。



現在2019年の冬ですが、今年の夏は、2年前の初マラソンでサブ4を達成した年の夏ほぼの走り込みが出来ていません。理由は、一重に仕事量が増えたことです。私の場合は、自営業なので、「残業はしません。」とも言ってられず、溜まった仕事をこなすためには、時間を仕事に充てなければなりません。

その結果として、ランニングの時間が取れず、ましてやゆっくりと長い時間走る事も出来なかった為、パフォーマンスはガタ落ちになりました。

目指せサブ4:走り込みが出来た夏。



涼しくなるのが楽しみです。

2017年の夏は、定期的にランニングが出来ていました。週に10キロ走、長距離走、ペース走と、週に2、3回は、練習が出来ていました。当然暑いので、すぐに息が上がってしまい、心拍数も上がっていましたが、それが結果いいトレーニングになっていました。

10月の半ば頃になり、涼しくなってくると、今までと同じ練習内容をしていても、目に見えて、タイムや、体力、心肺能力が上がっているのを実感できます。夏に走り込んでいると、涼しくなるたびに、タイムも早くなっていきます。

それぐらい、夏の練習は、サブ4を目指すランナーには、大事です。

秋ころになって、慌てて練習をして、達成出来るサブ4ではありません。

 

目指せサブ4:夏にも決まった練習メニューで。

毎週10キロ走をしていると、暑い夏の夜は、なかなかタイムが出ないものですが、それでも暑い中毎週走っていると、すごくトレーニングになっていたと、涼しくなってから、気づかされます。

また、数年繰り返していると、同じ季節、同じ時期に去年は、これぐらいで走っていたんだとか、過去の自分が目標にもなり、しっかり練習に取り組めるキッカケにもなります。

まだ、フルマラソンに当選か否かもわかならい時期ですが、当たってるつもりで準備してきた人が、いい結果を出すパターンです。

皆さんの目標の達成のお役たてれば光栄です。



【関連記事】
目指せサブ4:暑くて走れない真夏のランニング

目指せサブ4!! 10キロランニング キロ5分ペース達成トレーニング

目指せサブ4!! 理想的なペース配分とは?





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です