「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ!?」おススメ書籍

書籍紹介:「グレイトフルデッド マーケティングを学ぶ」

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」そんなタイトルの本があります。 1年半ほど前(2015年)に見つけて、実は、とても面白い本で、今また読み返していたところだったので、ブログで紹介してみようと思います。監修・説明は、コピーライターの糸井重里さん。糸井さんが、この本の日本語版を出そうと言い出したみたいです。

ストーンズ、ビートルズより儲けてしまったグレイトフル・デッドの秘密とは?

この本は、「マーケティング」の本であり、「ビジネス書」なんです。と同時に「グレイトフル・デッド」というバンドの歴史や文化、またブランディングも知る事が出来ます。ご存じの人も多いと思いますが、ロックバンド、Grateful Gead(グレイトフル・デッド)は、バンドとしてとても成功しているバンドのひとつです。バンド単位では、ストーンズ、ビートルズより儲けている。ただ、一般的なロックバンドとは、少し違った独自の方法で成功しています。そんなグレイトフル・デッドのマーケティングを学ぼうという本です。




 

「他とは違うビジネスモデル!?」

多くのバンドは、レコードの販売数を伸ばすためにアメリカ中をライヴで廻り、ライヴ会場でレコードなどを販売していた。しかし、グレイトフル・デッドは、ツアーそのものを収入源とした。ほかのバンドとは違うライブにするために、同じ曲でもライヴィ事に違ってたり、ファンを飽きさせないライブを作り上げていた。そのことで恒久的にライブをし、業界でも優れた音響システムと照明でさらにファンを音と視覚で楽しませた。

 

このことで、さらに熱狂的なファンが出来、グレイトフル・デッドはバンドとファンの両方が連鎖的に恩恵を受けるような「カスケード効果」を生み出した。熱狂的なファンに押されて、グレイトフル・デッドのファンは数千から数億に膨れ、グレイトフル・デッドのライヴは何十年も完売が続いた。とか。

 

フリーでシェアでラヴ&ピースな21世紀のビジネスモデル

ライブの録音はOK! 音楽は無料で聴き放題。それなのに年間5000万ドルも稼ぐ。40年前からフリーもシェアも実践するヒッピーバンド、それがグレイトフル・デッドだ。そんなグレイトフル・デッド独自のスタイルをひも解いていくファンならずも、楽しめるビジネス本です。

 




【関連記事】

●死ぬまでに聴くべき 1001アルバム

●アメリカで大人気の「Grateful Dead」って?

●「グレイトフル・デッドの長く奇妙な旅 シーズン1」を観ました?





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です