死ぬまでに聴くべきロックの名盤:Grateful Dead グレイトフル・デッド / LIVE DEAD

Grateful Dead グレイトフル・デッド / LIVE DEAD(1969)

Label / Warner Bros.
Producer / The Grateful Dead, Bob Matthews, Betty Cantor
Art Direction / Ed Thrasher
Nationality / USA
Running Time / 75 : 07


グレイトフル・デッド=ライブ

グレイトフル・デッドの1969年にリリースされた4枚目のアルバム。グレイトフル・デッドのデッド(死)と、ライヴ盤のライブ(生)を掛けたタイトルになった「LIVE DEAD」

グレイトフル・デッドと言えば、ライブでしょう!っていうことでライブ盤がリリースされるようになったのは、もはや自然の流れだったんだろう。いや、一応ライブ盤として、前作「Authem Of The Sun(太陽の讃歌)」(1968年)がリリースされているのですが、ライブ音源とスタジオ録音が混ざっているいて、後に多重録音もされているので、実際には、スタジオ録音という扱いにしました。

この「LIVE DEAD」はすべてライブ音源で、録音は、この時代のデッドのホームとも言っていいフィルモア・ウエストでの演奏が録音されています。

 

名刺代わりの23分を超える「ダーク・スター」

発売当時は、レコードだったので、2枚組でのリリースになっています。後のCDは1枚。

この1曲目が、ライブ・オープニングの代名詞的な曲「ダーク・スター」が23分を超えてますが、それを感じさせない。チューニングめいた導入部から山あり、谷ありで繰り返しながら昇っていくグルーヴ感のデッドのライブならではの醍醐味を感じる1曲。いつの間にかに始まって、いつの間にかに終わってるそんな23分。


Grateful Dead – Dark Star / Bertha (Part 1) – 12/31/81 – Oakland Auditorium (OFFICIAL)

会話を楽しむような、ジェリー・ガルシアとボブ・ウェラーのギター、ミッキー・ハートとビル・クルーツマンのドラムス。

個人的にこの2曲目の「St.Stephen」に入るところからも好きです。


Grateful Dead – St. Stephen – Live 1969 (HQ Audio)

最後はスピリチュアルな「グッド・ナイト」。

Track Listing
01 Dark Star 23:07
02 St.Stephen 6:32
03 The Eleven 9:22
04 Turn On Your Love Light 15:05
05 Death Don’t Have No Mercy 10:29
06 Feedback 7:50
07 And We Bid You Goodnight 0:36

 

【グレイトフル・デッド関連記事】
●死ぬまでに聴くべきアルバム:Grateful Dead(グレイトフル・デッド) / American Beauty
●アメリカで大人気のGrateful Dead グレイトフル・デッドって?
●ロックの歴史 第2期【1965~1969】フォーク・ロックからウッドストックまで
●「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ!?」おススメ書籍
●ファン必見「グレイトフル・デッドの長く奇妙な旅 シーズン1」を観ました?





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です